顔のたるみにはしっかり対策が必要です

顔がたるんでくると、老けた印象に見られがちとなります。それを防ぐためには顔のたるみ対策が必要となりますが、ここではその対策方法について説明させて頂きます。
顔のたるみの原因は、顔の筋肉の低下、加齢による老化、紫外線、乾燥が挙げられます。紫外線を浴びると体内に活性酸素が増えるのですが、これが肌内のコラーゲンを破壊し、皮膚の老化を早めてしまいます。そのため日焼け止めは年中使うことがおすすめですし、日中は帽子や日傘で紫外線を防ぐ必要があります。また肌が乾燥してしまうと水分不足になり、肌のハリや弾力が失われ、しわやたるみの原因となります。

 

そのためスキンケア商品は必ず保湿タイプを選ぶことがおすすめですが、ただ肌に付けるというのではなく、肌にスキンケア成分がしっかり浸透するよう、念入りに行うことがおすすめです。

 
筋肉の低下は加齢とも関係してきます。人は年齢を重ねるごとに筋肉量も減少してきます。そのため顔の筋肉も低下し、結果たるみにつながります。ということは、筋肉を付ければたるみを改善できるということにもつながると言え、そのためには顔のたるみに効果のあるエクササイズをすることがおすすめです。エクササイズの方法もいくつかありますが、くちを大きく開けてあいうえおと話す方法や舌を歯茎の周りを一周するように回転させる方法が、やりやすく効果も高いと言えます。さらに顔の筋肉は頭の筋肉ともつながっているため、頭皮を下から上へ伸ばすようにマッサージすると、顔の皮膚も引き上げられるためおすすめです。

 
最後に、自力で顔のたるみを改善するのは無理だとお考えの方におすすめの対策方法があります。それはヒアルロン注射を打ってもらうことです。ヒアルロン注射は定期的に打たなければ元に戻ってしまいますが、一回の施術でだいたい2.3か月は持ちます。またクリニックによっては1年以上効果が持続する物もあるので、通うのが面倒な方はこちらを利用されても良いかもしれません。ヒアルロン注射を打つと、特にほうれい線が目立たなくなるので、ハリのある肌へと導いてくれます。費用はかかりますが、目に見える対策としては最も効果的だと言えます。

機械を使うエステでセルライトを解消

食事制限や運動といった通常のダイエット、そして自己流のマッサージでは解消することが難しい、頑固なセルライトはエステで対策することを検討してみましょう。サロンでは色々な施術を行っていますが、その中でも特にセルライトに効くと言われているのが、「エンダモロジー」という機械を使う施術です。

 

エンダモロジーは専用のスーツを着用し、その上からマシンを当てて行くという施術を行います。マシンはローラー状のもので、揉む・ほぐす・吸引するという3つの異なる動作で、脂肪を揉み解していきます。セルライトは脂肪と老廃物などが凝り固まってできるものなので、エンダモロジーのような揉み解しの効果が高い施術は特に効き目が期待できるのです。

 

揉み解された脂肪は代謝され、最終的には老廃物として体外へと排出される仕組みです。審査に厳しいと言われているアメリカの食品医薬局からも「セルライトと局部脂肪のケアに効果がある」と認められているほど、エンダモロジーは脂肪に効く機械です。

 

効果の現れ方には個人差はあるものの、施術を初めてから約1ヶ月から2ヶ月程度で、セルライトが薄くなったと感じる人が多いようです。また、機械を使う施術としてエンダモロジーの他に、「キャビテーション」もおすすめします。キャビテーションは、脂肪が気になる部分に超音波を照射するという痩身エステです。超音波を当てた部分の脂肪は溶解、つまり溶けてしまい痩身効果を得られます。

 

超音波にはキャビテーション現象という働きがあり、超音波を照射した部位の脂肪は細胞内部に空気が発生し、脂肪が乳化して溶けてしまうのです。この現象をキャビテーション現象と言います。セルライトも脂肪の固まりですので、キャビテーションを受けることで、目立たなくすることが可能です。エンダモロジー・キャビテーション共に、ダイエットやマッサージで薄くすることが難しい、セルライトに対して高い効果を発揮します。