健康なら烏龍茶より杜仲茶

By | 2013年8月14日

ウーロン茶と杜仲茶、どちらも日本でも広く飲まれており知られているお茶ですがまずはそれぞれの効果を見てみましょう。

ウーロン茶にはウーロン茶のポリフェノールというウーロン茶特有のポリフェノールがあり食べ物の脂肪分を吸着して体外に排出する働きや血中や皮下脂肪の中性脂肪を分解し遊離脂肪酸にする働きがあります。

ウーロン茶は二日酔いや虫歯予防、消化不良、下痢、疲労倦怠、高脂血症や高血圧、動脈硬化、肥満予防、また美容に対しても効果があります。

杜仲茶にはゲニポシド酸という固有成分が含まれており血圧下降作用や血行障害改善による血行促進、関節痛改善、鎮痛効果、利尿作用、肝臓治癒、中性脂肪やコレステロールの抑制などに効果があります。

どちらも飲む事で改善されるものが違う部分もありますが健康にはおすすめです。強いて挙げるなら継続して日々の生活で飲む事を考えた時にノンカフェインである杜仲茶がより健康を意識したうえで安心して飲めるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です