ノコギリヤシの人気が爆発

ノコギリヤシはアメリカ南西部の固有種で大西洋岸からメキシコ湾などの平野や岸低地で見られるヤシの一種です。

幹の高さは2~4mくらいでやや不規則に成長し、砂浜に群生したり松林や広葉樹などの下生えとしても見られます。生命力のある丈夫な植物ですが成長は極端に遅く500年以上の長寿のものも確認されています。葉は1mほどの直径で細かく鋭い刺でおおわれている所からノコギリヤシという名前がついてます。

夏には小さなクリーム色の花が咲き秋から冬にかけて茶がかった黒っぽい実がなります。ノコギリヤシの実は直径2cm程の楕円形のもので古くはアメリカの先住民や移住者達によりスタミナ源として利用され、その後はアメリカやヨーロッパで研究が進み前立腺肥大や排尿障害への対応する健康食品として、近年では育毛や発毛に対しての効果もありシャンプーやサプリメントなどの各製品に利用されています。

ノコギリヤシを早くから医薬品としても扱うヨーロッパの国々では天然のカテーテルなどと呼ばれたりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>